読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録

旅行とか、それに関する情報とか、応援とか。学生中心として、遠征や旅行の手助けになれば幸いです。

台湾旅行-観光・料理編

前に書いたやつの続き。

【観光】

観光に関してはガイドブック通りだと思います。はい。

だけど、夜市だけは絶対行かないと。これ行かなかったら台湾旅行の半分損すると本気で思ってたり。九份なんか比じゃないと思ってる。

臭豆腐をはじめとして、いろいろな匂いが混ざり合った独特の匂い、ぎっしりと並ぶ食べ物の屋台、ゲームの屋台、お土産屋、騒がしい雰囲気と、どれをとっても最高なのです。

かの有名な沢木耕太郎氏は『深夜特急』のなかで(何巻かは忘れた)、「作られた夜市は好きじゃない」と言っていたと思う。けれど、士林や饒河は仮に作られたものであったとしても十分すぎるくらい魅力的でした。

なんか恍惚とした感じになるんだよね。夜市だけのために台湾行くまであると思ってますから(笑)

というわけで、台湾に行く際は、夜市には必ず訪れましょう。マジで。

f:id:kerompa-tokyo:20160229163219j:image 

【料理】

ひたすた小龍包食べてました。これはとても美味しいです。多分4人で4日間合計数百個食べてる気がする。

杭州小籠湯包とか金品茶楼にはお世話になりました。

 f:id:kerompa-tokyo:20160229163256j:image

芋圓

おしることほぼ同じで、中にタロイモで作った餅とか白玉が入ってます。うまい 

臭豆腐

想像を絶する臭さ。台湾初日はこの匂いがする度にやられてました。

結局最後まで食べれなかったけれど、最後の方はこの臭がしても「これも台湾の夜市の一部」と割り切って捉えられていて、挑戦するのも時間の問題、みたいな感じになってたから次行った時は食べそう。

大腸包小腸

名前をストレートに捉えると意味がわからないけど食欲をなくす一品。大腸を小腸で包むってなんなんだっていう。でも、実際のところはもち米でソーセージ挟んだだけっていう。普通に美味しかったです。

 f:id:kerompa-tokyo:20160229163631j:image

他にも牛排とか、魯肉飯とかかき氷とか杏仁豆腐とか、美味しいものは数え切れないほどあったけれど、書いてるとキリがないので特に思い出に残った4品だけ。

ちなみに予算ですが、小龍包のお店…かなり食べても500元程度。

夜市…一品100円とかなのでたらふく食べても400元行くか行かないか。こっちの方が安め。

 

台湾での全体の予算ですが、かなり遊んでも1日2000元あれば十分かなあと。3泊4日で合計でかかったお金は6万弱でした。台湾楽しいよ台湾。

人気な理由がわかった台湾旅行でした