備忘録

旅行とか、それに関する情報とか、応援とか。学生中心として、遠征や旅行の手助けになれば幸いです。

中国3日目プレイバック

現在名古屋駅です。眠くて死にそうだ。こんな馬鹿げた行き方はもうしない、しないぞ…
f:id:kerompa-tokyo:20160407232916j:image
とりあえず、100元だけ銀行から下ろして駅構内へ。大体どこでもお金おろせる国際キャッシュカード、素敵です!ちなみに、今回空港や日本の街中でのレート:1CNY≒19円くらいでしたが、国際キャッシュカードだと1CNY≒18円とかなのでだいぶお得です。

後輩は明日から学校なので制服です。クソ目立つ。
当方6限終わりに新幹線でアウェイ名古屋観戦→風呂入って制服に着替えて名古屋からエクストリーム登校とかはしょっちゅうでしたが、さすがに海外から登校はエクストリーム過ぎでは。

帰りの切符は2日前にすでに買っていたので、スムーズに入場できました。
f:id:kerompa-tokyo:20160407233045j:image
行きは新幹線の二等座で行きましたが、帰りは鈍行の硬座です。ただ鈍行と言っても止まる駅はそこまで多くないので、こだまみたいな感じです。
東京→名古屋と同じだけの距離を行って元値780円ですよ!やっすい!
手数料取られて結局1500円ほどになってしまいましたが、それでも十分安いです。
ただまあ安いのにはそれなりの理由がありまして。やはり強烈です。
f:id:kerompa-tokyo:20160407233459j:image
まずこれが電車の外観。う〜ん凄そう、というのが第一印象

そして車内の様子がコチラ↓↓
f:id:kerompa-tokyo:20160407233542j:image
まず、タバコくせえ!ってなります。中国を鉄道で旅行したら、タバコ吸わなかった人がヘビースモーカーになって帰ってきた話を思い出しました。ただ、タバコは座席では吸っちゃいけないのか、席のあたりはあまり臭わなかったような。
そして雑然としてるこの感じ。この旅で一番中国を体感してた瞬間ですね。
とはいえ、椅子は日本のシートと同じ感じなので座り心地は悪くないです。全ての席がボックスになってました。悪臭とかも特にしなかったです。これを一番危惧していたのですが、大したことはなかったです。

車内販売は日本以上に豊富です。
ご飯、お菓子、飲み物に始まり、お土産、iPhoneの充電ケーブル、髭剃り(!?)、中華人民共和国の身分証入れ(!?!?)、とまあなんでもありです。押し売りしてきますが、インド人のアレよりかはマシです。
f:id:kerompa-tokyo:20160407234148j:imagef:id:kerompa-tokyo:20160407234158j:imagef:id:kerompa-tokyo:20160407234220j:image

ちなみに車内は、車内BGM、中国人の喋り声、テレビ電話、ドラマをスピーカーで見てたりともうカオスです。クソうるせえ。まあでもこれも経験ですね。

乗車時間約3時間、ポルトガル語の勉強したりしてると意外と早く時間は過ぎ去るもので、そこまでストレスを感じることもなく上海へ到着。

特にすることもないので地下鉄で空港へ。帰りはリニアモーター使わなかったのですが、冷静に使ったほうが良かったなと全力で後悔。
さて、ここ中国では並ぶことに関してマナーもクソもありません。
f:id:kerompa-tokyo:20160408002535j:image
彼女たちは降車客用のレーンに堂々と位置取り、ドアが開いた瞬間中央突破を試みます。そして律儀に端に並んでいたとしても、後ろからの割り込みがひどいです。学生のフィジカルを使ってそんなおばさんたちは外に追いやります。
で、激混みな電車に揺られること1時間ほどで空港に到着。
朝ごはんがオレオだけだったので、とりあえず食事をば。
f:id:kerompa-tokyo:20160408002828j:image
台式なんちゃらかんちゃら、です。魯肉飯ですね〜。このジャンクな感じといい、味といい大好きなんですよこれ。すごく美味しい

f:id:kerompa-tokyo:20160408002928j:image
そして空港で見た面白い看板。
国際線、香港、澳門、台湾、の表記。一瞬ぽかーんとなったけれど、香港マカオはいいとして台湾は見方によって属国なのかどうなのかが変わってくるもんね。興味深い表記でした。

そして中国南方航空に乗り、無事帰国??
これから夜行バスで東京へ帰ります。