備忘録

旅行とか、それに関する情報とか、応援とか、留学とか、コペンハーゲン留学とか。学生中心として、遠征や旅行の手助けになれば幸いです。

ACL上海上港観戦記

だいぶ落ち着いてきたとは言え、とにかく悔しいのです。もうなんつーか、この悔しさは次ACL出てベスト16まで行って勝たないと晴れないなーと。

 

とりあえず今回は上海をきちんと観光してきたので少しそのことだったり、反省点だったりを書いてみようかと。

 最初は人民広場へ。朝行くと太極拳ができる(見れる)とのことだったので試合当日の朝に迷わず向かいました。

中国人留学生の友達に「太極拳を教えてください」と中国語で書いてもらったボードをあらかじめ用意していたので、それを見せることでなんとか教えてくれました。本当は受講料がひつようだったとかなんだとか。翌日も誘われたのですが、そんな体力は有り余っていなかったので余裕で行けませんでした(完)

 かなりの有名店。中には現地在住市民ばかりだったのでハズレはないだろうなと思っていたのですが、思っていたとおり大当たりでした。美味しい。

 ここも美味しかった。今度行くときはまたこの2店舗は行くと思います。

庭園に感動するほどの知識と教養を持ち合わせていなかったので思っていたほどは楽しめませんでした…いやまあ綺麗なんだけれど。

もともとは私有の庭園なので、歴史的な偉人が関わっていたわけでもないし、この庭園を吟味できるまでには歳月を要しそう。 

 

いやーここは楽しかった。こうやって旅行して思うのは、自分って市場大好きだなーと(笑)

とはいえ豫園商城の中は完全に作られた市場です。高いし、観光客で溢れかえってるし。こういうところだったりショッピングセンターはあまり好かないんだよなあ。。。

とはいえその外は掘っ立て小屋みたいなところに雑然と商品が置いてあり、そういったところで至極くだらないものを探すのがたまらなく楽しいのです。そして、我々観光客が現地の人とコミュニケーションを取りやすい場所でもあるので、いろいろな話が出来たりするのも良い。最も中国の雑然とした場所なんて英語も通じませんから、ほんとかなり適当なコミュニケーションですが(笑)

あと、値切れます。とにかく値切れます。売値の半分くらいにはなる。値札がないものがほとんどなので、まずは「How much?」と聞いて値段を聞くところから。英語が通じないと書いたけれどこれだけはまあ大体通じて、そこからは紙なり電卓なりを利用して交渉が始まります。

「Cheap」「Expensive」は通じないところも多いので、僕はバリバリ日本語で交渉してました。英語よりも気持ちのこもった日本語の方が相手も察するんですよね(笑)

まあ希望通りの値段に下がらなかったら店を変えれば良いと思います。その素振りを見せると一気に値段が下がることもありますし、値段が下がらなかったらそれ以上その店では下がらない、ということなので。

とにかく楽しいですよ、市場。頼まれ物が多かったとは言え、今回はかなりいろいろ購入しました。

 

もうほんとすごいスタジアム。日本にはない類のスタジアムなので、 初めて見たけれど本当になんでも揃うスタジアムでした。

見にくいけどね。

スタジアム周囲ではありとあらゆる人間がパチもんのユニフォーム、ジャージ、マフラーなどを売ってました。無論値切れます。

パチもんと言っても日本と違うのは、ちゃんとナイキのロゴが入っているんですね。これはポイント高いです。

 

 ご存知の通り試合前はバカ騒ぎしてました。むちゃくちゃ楽しかった。


 はい、そのままです。夜景は綺麗なんだろうなーと思ったけれど曇った昼間に行ってもなんだかなあ、と(笑)

22時まで夜景は見れるらしいです。

 もちろんこれが通常時じゃないんだけれど、この国はとにかくこの手のエラーが多い。これにしろ、切符をかざした時に「通っていいですよ〜」って表示される画面にしろ、空港の荷物検査のところにあるディスプレイにしろ…

しかも決まってWindows98なの(笑)

ホテル

ホテルは人民広場駅、南京東路駅の間くらいにある中福大酒店(チャームズホテル)という3つ星のところに泊まりました。
1人だと6000円くらい、2人で泊まれば3000円くらい、といった感じです。
窓がないことを除けば割と良かったです。シャワーも出たしWi-Fiも使えたし。
立地を考えるとこの値段でこのクオリティはかなり良いかなと。次回もここに泊まりそうな勢い。
朝食は付いていたかも知れないのですが、そもそも朝食をホテルで食べるという習慣が全くと言っていいほど付いていないので今回は確認するまでもなく食べなかったです…

ネット環境について

いつも通りイモトのWi-Fiでレンタルしたのですが、いつもとWi-Fiの機械が違って、そのお陰か接続がかなり悪かったです。日本でテストしてきたVPNも使い物にならず…というわけでやはり無料VPNを過信しすぎるのは良くなさそう??
次回はもう少し策を練ろうと思います。

かかったお金

飛行機:21000
ホテル:800(ポイント使ったため)
Wi-Fi:1300
チケット:3000
現地諸費用:10000
という感じで大体36000円くらいで済みました。

4年前にACLアウェイに行った時は高1で右も左も分からないといった感じだったので、高校入学祝いとかを全てぶっこんでツアーで行かせてもらいました。そのこともあって行動範囲はある程度限られていたのですが、今回は全て個人手配。
ツアーは楽なんですけど、やはり自由度が低い・お金がかかると言った感じなので個人的には今回のほうが満足度は高かったなと。
ツアー1試合@北京が8万円、個人手配3試合が11万円ほどだったのでやはりかかる値段は全然違います。

あと、もし自分の応援するチームがACLに出たのであれば無理してでも行ったほうがいいと思います。空気感から何から何まで、そこでしか味わえないものが沢山あるわけで。
落としたら留年の出席重視系授業をサボり、試験を1週間後に控える授業もサボって上海に行ったのは正解だったと胸を張って言えます。
もう一度言おう、ACLのアウェイは無理してでも行くべき。異論は認めない。