備忘録

旅行とか、それに関する情報とか、応援とか、留学とか、コペンハーゲン留学とか。学生中心として、遠征や旅行の手助けになれば幸いです。

留学して1ヶ月がたったわけですが。

だいぶ前に、コペンハーゲンに来てから1ヶ月が経ちました。

ブログしっかり書いてて豆だよね、とかたまに言われるのですが、結構いろんな人に読んでもらっているのがモチベーションになるのと、あとは勉強の合間の気休めになんか書こうって位の気持ちでやってるからむしろ続いている感。

1ヶ月たって、いろいろ思うことはあるわけですが、とりあえず英語の面。

リーディングはかなり慣れてきて、来た時の倍の速さくらいで読みすすめています。というか来た時のチンタラペースじゃあとてもじゃないけど予習が終わらない。まあでもほんと、これだけ読んでればそりゃ早くならないと困るよって感じ。

ライティング、リスニングはぼちぼち。まだ耳が完全には慣れていないので、対人ならなんとかなるもののスピーカーとか通すと結構きつい。

で、スピーキング。あまり進歩してる感がない。というか、喋る機会が思った程はないので、そりゃあ伸びるスピードも遅いよな、という。

 

 

残り10ヶ月でこのままいってほんとうに喋れるようになるのか?(若干反語)という不安は非常にあって。というのも、留学をしたかった一番の理由も昔からずっと英語を流暢に来る人たちを見てきて羨ましいなぁ、と思ったからなので、やはり喋れるようになって帰らないと、というプレッシャーはかなり大きい。ただ現時点では予習が忙しいので、友達とバーにいったりするほどの余裕もないんで、喋る機会を増やそうにも増やせないのが現状。

まあそうなってくると今は今やるべきことをやるしかなくて、余裕が出てきたら喋る機会を設けていけば良いのでは、というのが今のところの方針。というかそう言い聞かせてないとスーパー自己嫌悪モードに陥ってしまうので。。

ただ、留学した当初の目的が英語力の向上だったものの、1ヶ月来てだいぶ目的の面に変化もあり。もちろん英語力の向上はいまだに目標のうちの一つではあるけれど、自分でいかに自分を管理するかとか、文化の相違による衝突をどう乗り切るのか、とかそういったたぐいの新たな問題が生まれてきているのはいい兆候かな、と。目標が一つだけだとそれがうまくいかなかった時にふさぎ込んでしまうけれど、何個かあれば「今はこれがダメなら、こっちの面を頑張ろう」って割り切れるんじゃないかなって最近は思い始めています。

あとは勉強がとても楽しいです。やってる内容とかっていうよりかは、わからないことを学んでいく、ということの楽しさを久々に実感しております。これが留学期間中、いや、帰国後も続けばいいんだけど。日本にいると誘惑が多すぎるのと、遊ぶためのお金が必要なので結局バイトの優先順位が必然的に上がってしまうので、いかに効率的にお金を稼ぐ/勉強をするか、というのはまあ今後考えていかなきゃな問題でもあります。あとはそういう意味でも海外の院に行きたいなあと早くも思い始めているなど…

 

ま、こんなことを書いているわけですが、さっきシャワー浴びてたら「Couchsurfingで積極的にツーリストを受け入れていけば週末とか英語喋る機会できるじゃん、しかもずっと暮らすわけじゃないから楽じゃん」っていう天からの声が降ってきたんで、ただいまCouchsurfing計画本格始動のために動き出しているところです。まあ部屋を他人とシェアするので、リスクマネジメントはしっかりしないとだから、セキュリティ面が整い次第順次受け入れようと思っています。

たまにこういういいアイデアが浮かぶとかなりスッキリしますね。