備忘録

旅行とか、それに関する情報とか、応援とか、留学とか、コペンハーゲン留学とか。学生中心として、遠征や旅行の手助けになれば幸いです。

デンマークのスーパーについて

ひさびさに時間ができたので、

デンマーク、というかコペンハーゲンのスーパーについて、店別にまとめてみます。随時更新予定。

 

Netto

おそらく一番よく見るスーパー。黄色の下地に黒でNettoと書かれ、横に犬のマークが書いてあります。コペンハーゲンのどこにでもあります。肌感覚ですがおそらく店舗数は一番多いはず。値段はFaktaなどと肩を並べて最安ランクです。商品の陳列が無秩序な店舗が多いので、慣れるまでは目的の商品がどこに置いてあるかなかなかわからなかったり。飲み物売り場が4箇所くらいに散らばってるとかざらにある。

19時以降(場所によっては20時以降)のパン半額は非常にありがたい。あと特徴としては、24時までの店舗がそれなりにあること。大体のスーパーは22時には閉まるのでこれはありがたい。

どうでもいい話ですが、Norreport駅近くのNettoは夜になると地元のDQNが集まって商品を投げていることがしばしば。日本の数倍ヤバい。

Fakta

赤丸にfと書かれたマークがトレードマーク。Fakta Qとかいう店舗もあるけどどういう意味なのかは分からず。。。Fakta Qのが小さいイメージ。

値段はNettoと並んで安いです。品揃えもまあまあなので、大体のものはここかNettoで事足ります。こっちも夜間はパンが半額。ただ個人的にはパンはNettoのほうが好み。

Irma

Netto, Faktaと並んでよく見かけるのがIrma。イアマって読むらしいです。こっちはかなり高級志向なので値段が結構高い。なので学生的にはほとんどお世話になりません。ただ、品揃えはかなり良いので、ほしいものがどこにもなかったら行ってみるのはありかもしれません。

あとは、Irma独自の製品が結構あって、Irmaのトレードマークになっている女の子が書かれていてかわいいとかなんとかで、お土産にはいいらしいです。トートバッグは有名らしい。

Rema1000

品揃えはかなりいいし、値段もNettoとかとほぼ同じなので近くにあるならここが一番いいと個人的には思う、そんなスーパー。

tex

ここもIrmaと同じように高級志向のスーパーなので結構高い。あと小規模な店舗が多いイメージ。店舗によってはセルフレジがあるのは特徴かも。

SuperBrugsen(Brugsen)

たぶんBrugsenっていうグループの中の一部。田舎だとBrugsenグループのスーパーが結構多いイメージ。

肉の品揃えがかなりよく家の近くにあるので、わりかしよく使うスーパー。価格帯はNettoなどより若干高めかな、くらい。ここの特徴は、野菜、果物類を好きなだけ詰めて重さや1個あたりの値段で買えることです(その分少し値段はあがる)。Nettoとかだと小ロットで野菜を売ってくれず、腐らせることもしばしばあるのでこのシステムは一人暮らしにはありがたいですね。

ALDI

まだ行ったことなし。というか最寄りのALDIが潰れたので一生行かなさそう。レポート待ってます。

LIDL

価格帯はそんなに高くないです。パン売り場にバゲットスライサーがあってかなり便利だった。あとパンはデンマークにしては甘さ控えめなので食べやすいかなーと。個人的感覚ですが野菜の質はFaktaとかNettoとかよりも良い。というかFaktaとかがひどすぎってのもあるんだけれど。

あとは大きな店舗にもノンアルコールビールは売ってないですね。

店舗数が少ないのが玉に瑕。

Kvickly

倉庫型とだけあって結構大きめのスーパー。肉の種類は豊富で安いのも結構ある。野菜は総じてNettoとかよりかは高め。あとGuaranaが売ってたのが個人的にはポイント高いです笑

デンマークのスーパーで注意すべきこと

  • 品質が意外と微妙

意外とびっくりしたことなんですが、品質が微妙なものが結構多いです。買う前から野菜が腐っていたり、買ってすぐに腐ったり、肉の賞味期限が切れていたり、というのはわりとよくあって、あとは粉系が漏れていたり、この前出くわしたのは缶ビール6本セットを持ち上げた瞬間にうちの一本が爆発。意味がわかりません笑

というわけでそういうたぐいのことが結構あるので、商品をよく見た上で買ったほうが良さそうです。

あたりまえっちゃ当たり前ですけど、生活言語はデンマーク語です。大体のものは見りゃわかるんだけれど、粉系とか乳製品系がきつい。生クリームだと思ってかったらサワークリームとか、小麦粉だと思ったらライ麦粉とか、普通のミルクだと思ったらバターミルクだとか。なのでグーグル翻訳は必須です。

この国では、缶やペットボトルにデポジットのお金が上乗せされます。そのため買ったときには少し損した気分になりますが、溜めて一気にデポジットを換金しに行くと非常に得した気分になります。人間って単純ですね。

で、その換金方法なんですが、だいたいのスーパーに換金用の機会が置いてあります。そこにペットボトルや缶をとにかく突っ込んでいって、終わったらボタンを押せばレシートが出てきます。そのレシートをレジに持っていくとお金が帰ってきます。

  • スーパーにあまり売っていないもの

鶏もも肉。これが本当に売ってない。売ってたとしても骨付きがほとんど。豚肉の薄切りが売っていないことよりも何倍もショックなんですが。あと前述のとおり豚肉はじめ薄切り肉もあまりないです。ただたまにNettoに売っているのを見かけるので、買えないってことはないと思います。

野菜はだいたい手に入ります。チンゲンサイとかニラとかは手に入らないけど、どうしてもそれが食べたいって状況あんまりないですからね。まあここらへんはアジアンスーパーに頼りましょう。