備忘録

旅行とか、それに関する情報とか、応援とか、留学とか、コペンハーゲン留学とか。学生中心として、遠征や旅行の手助けになれば幸いです。

EU在住カードはパリでめっちゃ便利

EU在住カードとかいう何も役に立たないカード、とか思っていましたが、パリではめーちゃくちゃ有益でした(ただし18-25歳に限る)

とにかくかなりの施設が18‐25歳のEU圏在住者は無料、という措置を取っていて、

今回だと

ノートルダム聖堂の上に上がる料金:10ユーロ

軍事博物館・アンヴァリッド:12ユーロ

ルーブル美術館:15ユーロ

オルセー美術館:12ユーロ

オランジュリー美術館:9ユーロ

パンテオン:7ユーロ

ということで65ユーロ分得してました。ということなのでパリに行く際はレジデンスカードを忘れないようにしましょう。