備忘録

旅行とか、それに関する情報とか、応援とか、留学とか、コペンハーゲン留学とか。学生中心として、遠征や旅行の手助けになれば幸いです。

3ヶ月が経ったらしいです

8月中旬から来て早いものでもう3ヶ月です。


というわけですが、すでに11月は下旬を迎えようとしていて、コペンハーゲンにも本格的な冬が訪れてきました。

2ヶ月目から生活が変わったかというとテストでは一番上の成績を収めて、次の授業が明日からはじまる、という感じです。もうTaastrupとかいう訳わからない土地に行く必要もないので、ここからは少し生活も楽になるのかな。

あとはCouchsurfingが徐々にリクエストが増えてきました。今もちょうどクロアチア人が泊まっていて、これはこれでいい経験になるな、と思います。もちろん多少気は使うので月に1人くらいかな。まあこれに関しては今度暇なときにでも書こう。

 

寒さに関しては防風のものを使えばそこまで寒くない(ないと死んじゃう)んですが、それよりもなによりも日が短いです。そしてそもそもの高さが低いので、12時になってもまるで西日のような眩しさです。

というわけで、晴れている日であろうとなんであろうとなかなか「晴れた日の昼!」みたいなあの瞬間がまあ訪れないんですね。そして恐れていた事が起きました。そう、ビタミンD不足です。

北欧など高緯度地域では冬に日光を十分に浴びることができないため、ビタミンD不足になりがちだそうです。特に日本人などは経験したことのない日照時間だったり、冬場のビタミンD不足だったりが災いして冬の鬱になりやすいとか。

なんかここ最近非常にため息をつく回数が多くなっていて、でも特に原因がわからない、という日々が続いています。

もちろん新しい授業がはじまる不安、次のセメスターで取る予定の授業がかなり重たそうだという懸念(3月上旬から中旬までの2週間ケニアはオタヤという、ナイロビから100Km北の地に籠ります)だったり、慣れてない初対面の人と暮らしたり、英語がなかなか読み進められなかったり、と小さなことはあるんだけれど、それでも今までは何かしらで切り替えられていたのがなかなかそうもいかず、ちょっと苦しんでいます。

栄養学を学んでいる友達に魚を食えと言われたので、ニシンの酢漬けとビールといういかにもデンマークな組み合わせでひとりぼちぼちやっているのだけれどますます鬱になるんじゃないかこれ。

とりあえずサッカーがないというのは辛い。いや、サッカーはコペンハーゲンでやってるんだけれども、俺が見たいのはFC東京のサッカーであって味の素スタジアムに行きたいんだということを最近実感し始めています。やっぱり今まであったものがなくなるってのはつらいね。

 

最近は、というか本当に本当に最近ですが英語に慣れるために、というか息抜きを英語でしようということでYoutubeBuzzfeedとかを見てたりします。受験の時に、勉強の息抜きに数学の問題を解くとかいう常人には理解されなさそうな方法がなんやかんや功を奏していたので、この方法もうまくいくといいなーと。というわけでおすすめの英語チャンネルとかあったら誰か教えてください。