備忘録

旅行とか、それに関する情報とか、応援とか、留学とか、コペンハーゲン留学とか。学生中心として、遠征や旅行の手助けになれば幸いです。

ハンブルク旅行

f:id:kerompa-tokyo:20180305083716j:image

こんばんは。ヨーロッパは相変わらず激しい寒波に見舞われています、、
今週末はコペンハーゲンから比較的に簡単に行ける都市の一つであるドイツ・ハンブルクに小旅行
理由はいつもどおりサッカー。ハンブルグにはハンブルガーSV(通称HSV)というチームとザンクトパウリという、サッカーファンにはなじみの深い2チームが存在している。
ハンブルガーSVといえば未だに2部に降格してことのない古豪(とはいえ今年は流石に落ちそう)で、過去には高原、現在は酒井高徳がキャプテンを務めるチーム。
一方のザンクトパウリ宮市亮が所属しているけれど、それよりもなによりも反体制的なチーム、熱狂的なファンを持つチームとして有名。本拠地は名前のと おりザンクトパウリ地区で、ここはレーパーバーンなどを含む繁華街。

本当はザンクトパウリの試合とハンブルガーSVの試合を一緒に見たかったんだけれどもどうやら2チームがどっちもホームゲームの週は存在しないため、どちらかの試合を選ぶ必要がある。今回はよっちの所属するマインツがハンブルガーと試合をするということだったので、そっちを見ることに。ザンクトパウリは次回にお預け。

そんなこんなで3回目のドイツ。3回目だけど、3回とも滞在時間は24時間未満とかいうめちゃくちゃな旅。今回も夜行でハンブルクに入って、夜行でコペンハーゲンに帰るというハードな日程。お金を浮かせたかったのが一つ、課題が忙しそうだったのが一つ。

コペンハーゲンからの行きはDBというドイツ国鉄が運営してるバスで。これが面白くて、途中船にバスごと乗って、その間はバスから降りて船旅を満喫。ドイツについたら再びバスに乗る、といった感じである。んだけれど、正直よる10時に出発するバスで、所要時間6時間弱のあいだにバスの乗り降りを強要されたら寝れたもんじゃない。というわけで寝不足のままハンブルクに到着。
バスターミナルから駅まではすぐ、駅に24時間のマックがあることはリサーチ済みだったのでマックに入って暖を取る。
けれどそもそも外気温がマイナス11度だったので、マックが外より暖かいといえどじわじわと体温を奪われる。しかもWIFIもコンセントもないので仙台戦も見れなさそう、ってことで仮眠をとっ て7時くらいにほかのカフェへ。
ここのカフェは意外と当たりで美味しかった。Wifiがないのが残念だけれど、ハンブルクはどうやらフリーWifiがあまりないらしい。

観光については何も考えてなかったのだけれど、とにかく寒いのでインドア観光したいなー、と思ってミニチュアワールドへ。ここはヨーロッパを中心としたいろんな都市のミニチュアが集まる世界最大級のミニチュアワールド。

f:id:kerompa-tokyo:20180305082955j:image
街の設計がどれくらい精密か、はわからないけれどとにかく芸が細かい。めちゃくちゃ細かい。

f:id:kerompa-tokyo:20180305083047j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180305083107j:image

ミニチュア人形はいろんなところでストーリー性溢れる寸劇を行ってるし、鉄道や車はコンピューターを使ってコントロールしてるらしい。

f:id:kerompa-tokyo:20180305083018j:image
期待値以上に楽しかったし、13ユーロ(学生11ユ ーロ)払って入る価値は普通にあるかなーと。特に男性にはめっちゃおすすめ。きっと惹かれるはず。

f:id:kerompa-tokyo:20180305083133j:image

世界遺産にもなってるレンガ地区の一角にあります。

そのあとはザンクトパウリのショップに行きたかったのでレーパーバーンへ。レーパーバーンはドイツ最大級の歓楽街で、歌舞伎町をもう少しストレートにきつくした感じ。風俗の隣にオフィシャルショップを構えるチームなんてザンクトパウリのほかにあるんだろうか笑

f:id:kerompa-tokyo:20180305083205j:image
ザンクトパウリのグッズの多くにスカルが描かれているので全然オフィシャル感がないのがすごい。アンダーアーマーのアパレルがありえない安さになっていて激しく惹かれたけど、冷静に同類のジャージたくさん持ってるな、っていうことで「You'll Never Walk Alone」Tシャツ購入。まるでオフィシャル感がない笑

f:id:kerompa-tokyo:20180305083247j:image

ザンクトパウリのウルトラスのグラフィティ
そんなこんなで時計の針は12時を回っていたので、評判のそこそこ良いハンバーガー屋さんでハンバーガーを食べてからスタジアムへ。

f:id:kerompa-tokyo:20180305083323j:image
HSVのスタジアムは郊外にあって、最寄り駅から20分くらい歩くかシャトルバスか。多分シャトルバスの方がこの時期はいいかなと。
チケットは直前にオンライン で取るとチケットオフィスで取り置いてくれることは確認済みだったので、チケットをもらいにまずはチケットオフィスへ。
チケットオフィスへいった後に向かうはゲート、だったのだけれど、ゲートに行くと「リュックは大きすぎるからだめ。預かり所にあずけてきて」と言われたので預かり所へ。テロの対策なのかかなりチェックが厳しくて、預け場所へ向かってから再びゲートへ。預けるのは無料です。にしても持ち込めるものの規制も多く、結構不便。

スタジアムはホーム側とアウェイ側は完全隔離。ホーム側は、入るゲートの指定こそあるものの一周することができます。
朝見た予報だと試合が始まる頃は3℃とかだったはずなのに、蓋を開けてみるとマイナス8℃。カイロは持っていたもののマイナス8℃は座って大人しく 見る気温じゃねぇよって思いつつも着席。
席は一番安いところをとった割にはかなり見やすかったです。なんで一番安かったんだろうといった感じ。

f:id:kerompa-tokyo:20180305083412j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180305083428j:image

ハンブルクのサポーターグループはメイン寄りコーナー二階に位置取る。タイとか中国みたいにサポーターグループが乱立してるならまだしも、メインのグループでこんな位置にいるのは初めて見たなー。なんでなんだろう。

肝心の試合は、というと、マイナス8℃で見る試合じゃなかったです。まさに17位vs16位、といった内容だなと。高徳もよっちもスタメンで、二人共ほぼフル出場だったのでそれは良かったけれど。HSVはVARでゴールを取り消されたり、PK外したりとか、もうとことん付いてねぇなって感じで、そりゃ17位だわと。マインツマインツで、この中で結果を出さなきゃなよっちは相当大変だなと。前半の決定機は自分で行って欲しかったけど。
試合後によっちに向けて東京の旗を掲げたらしっかり反応してくれました。それだけで来た甲斐あった。
くっそ寒くて腹痛にやられたり、足の感覚なくなるわ腰が痛くなるわで散々ではありましたが、最後のでだいぶ報われた感。
にしても寒かった!ほんとに!来週は長友さんを見に行きますが、ここまで寒くないことを願いたい次第です。
今後のFC東京関係のサッカー観戦予定は
ガラタサライ(長友)
②ヴァイレBK(ウタカ)
③Saint Joseph Tournament(U-18)
④代表orポルティモネンセ(中島翔哉)
⑤イェルヴァガ(中野遼太郎)
といったところを目標に見ていこかなと。時間があるかどうかは不明。