備忘録

旅行とか、それに関する情報とか、応援とか、留学とか、コペンハーゲン留学とか。学生中心として、遠征や旅行の手助けになれば幸いです。

今さらな留学統括

留学の統括はしなくていっか、というか意図的にしてなかったのだけれど、

最近「留学どうだった?」って聞かれて「楽しかったです」って答えるだけになりつつあってこれはこれでまずいなと思って、やっぱりまとめ的なのはしといた方が良いよなあとなりました。

 

そもそもなんでしなくていっか、となってたかというと、この留学が先にどういう風に活きるかなんてまだまだ分からないので、「こういうことがあった」は言えても「これがこう言うことに繋がりそう」ってのはまだ言えないなって思っていて。結論から言うとこの一年で何か大きく変わったところってのは自分から見ても他人から見てもなくて、微々たる変化というのは今のところ日常の些細なところで活きてくる程度だろうなあと。

 

まあでも色々忘れて行っちゃう前にせっかくだし書いておきますか、という感じ。

 

 

1年間で出来るようになったこと

多分一番出来るようになったのは料理。これはまちがいなくて、ほぼ毎日昼夜は自分で作ってたので、そりゃ出来るようになるよなって感じです。最近はカレーばっかり作ってるけど、基本的には冷蔵庫の中のもので大体何かしらを作れるようになりました。

f:id:kerompa-tokyo:20181015093234j:image

 

語学はどうでしょう

英語はぶっちゃけ微妙な感じで、IELTSのスコアはTotal 6.5でした。まあちょっとショックだけど、ちゃんと勉強して再チャレンジしたい。試験に向けた英語は外的圧力を利用してこれからガッツリ勉強する予定です。しっかり勉強してしっかり点取って選択肢を広げたいので。

とりあえず今は現状を維持するために言語交換のプログラムやら、BBC契約して暇な時間見たりとか色々しております。東京の外国人向けウェブサイトはすみませんと行った感じなんだけど、じきに更新する、というかリニューアルするので、、

デンマーク語は9ヶ月通って、多少はわかるようになったという感じだけどいかんせん使う機会が少なすぎて。現地語の習得がしづらいという点は北欧留学のデメリットかも。

 

1年間の間に起きた変化

多分一番大きいのは勉強に対する姿勢。今までも学科の授業は面白いなあと思ってはいたけど、それでも主体的にそんなに勉強してたかというとNOで。向こうはそれなりに勉強しないとついていけない感じだったこともあって、勉強の習慣がついたまま帰ってこれたのは良かったなあと。今思い返しても勉強をサボったことは一年でほとんどなかったんじゃないかなと。

 

 

 

 

はい。まじで思いつくのはそれだけです。ほんと、出来るようになったこととか自分に起きた変化ってそんなになかったです。

料理とか、勉強に対する姿勢とか、いや日本でも出来るじゃん、みたいな。そこ突っ込まれると痛いな〜って思ったのが留学のまとめとか書かなかった理由の1つでもあります。

 

ただ、ここに挙げた出来るようになったことが留学の全てなのか?と言われるとそれは即否定できて、自分にとって良いことはたくさんありました。

 

最も良かったなって思うのは、デンマークという国がどういう国かを知れたこと。なんでこの国が最も幸せなのか、この国の食文化はどうなのか、どういう性格なひとが多いのか、などなどを、日常の些細な出来事や授業、文献を元に自分なりに考えを持てたのは良かったかなと。 

短い旅行でも「あ、ここは日本と違うな」っていう気づきは多々あるからある程度客観的に日本を見ることは出来ていたつもりなんだけれど、ヨーロッパとかだと結局「なぜ違うのか」までの結論を出すのは難しくて、理由は日本と違いすぎるから。

 

ところが留学を経てデンマークをしっかりと自分なりに理解した上でヨーロッパの国に旅行したりすると、より気付く点があるなと感じるわけです。

「あ、ここは日本と違う」「あ、ここはデンマークと一緒だ」ってなるか、「あ、ここはデンマークとも日本とも違う」ってなるか、「あ、ここは日本とは一緒なのにデンマークとは違う」ってなるか、で「なんで違うのか」を考える時の方針がより立ちやすくなるかなあって思いました。

普段からこんなこと考えてるわけじゃあないですが、でも少なくとも潜在的にそういった考え方がついた、というのは自分にとってとても良かったと思います。

 

「留学したら視野が広がった!」って言っても、どう広がったかって人によって様々だと思うんですけど、自分の場合は国というリファレンスが増えた結果いろんな考えを出せるようになったかなあと。

これは将来にもつながって来ると思っていて。というのは日本以外に居住した経験を通して、自分にとって合ってるところ、合っていないところとかを考えることで「こういう環境が自分にはいいんじゃないか」っていうのが見えて来たなあと。

 

それに加えて、留学組と話してて「あー確かにな」って思ったのは、周りのデンマーク人、留学生の自由な生き方をみて、自分の人生に対してそんなに思い詰めなくてもいいのかな、って思ったりも。まあもともと楽しいことだけ選んでやって来た人間なんで意識高いようなこともしてないしあんまり他人も気にしてなかったとはおもうけれど、それでもデンマーク人の自由さには見習うとこは沢山あるな、と思いました。なんで最近は面白そうなことに今まで以上にチャレンジしようと思っております。

 

留学に関しての感じ方とかは向こうでの過ごし方とかによって千差万別だとは思いますが、自分の場合は内に起きた変化というより人生をより豊かにするような、より多角的な視点を持つ面白さを知れたのかな、と思います。自分の留学に関してはこんな感じでした。