備忘録

旅行とか、それに関する情報とか、応援とか、留学とか、コペンハーゲン留学とか。学生中心として、遠征や旅行の手助けになれば幸いです。

CPRをゲットしました。

こんにちは。

今朝アポイントメントを経て、ついにCPRをゲットしました。

CPRというのがあるとデンマークの高福祉を受けれたり、EU圏での身分証にもなるので非常に便利です。

今週の初めにアポ用のメールが来て、たまたま今日の朝イチだけ空いていたのでよかったなと(それを逃すと2週間後でした)

手順としては、INTERNATIONAL HOUSEというところへ指定された書類を持ったうえで行って、受付を済ませて呼ばれたら書類渡してその場で発行してくれる、という感じ。

とはいえ、今日もらえるのは番号のみで、レジデンスカードとイエローカード(保険証)は後日郵送とのことでした。まあ番号あればいろいろできるので、できることをいくつか済ませてきました。

Rejsekort(ライセコート)の取得

どうやったらRejsekortをライセコートと読むのかはわかりませんが、まあ日本のSuica的なICカードで、買うと安く公共交通機関に乗れます。コペンハーゲン中央駅で買えますが、他でも買えるそうです。詳しくは知りません

f:id:kerompa-tokyo:20170825214614j:image

いい感じの駅舎

デンマーク、というかコペンハーゲンではこれがないとバスにしても電車にしても初乗りが500円近くかかってとてもじゃないけど乗る気が失せます。

Rejsekortにも何種類かあって、

Rejsekort Anonimousという匿名のカード、これはツーリストでも購入できる一番手軽なやつです。

あとはRejsekort FlexというCPRがないと作れないやつ、Rejsekort PersonalというCPRと顔写真付きのやつ。

顔写真が付いてる方が割引率がいいらしいですが、FlexとかAnonimousは他人と一緒に使えるのに対してPersonalは自分以外使えないそうです。

まあ他人と使うこともあんまないだろうなーということでPersonalを購入しました。ちなみに写真はその場でウェブカメラを用いてとってくれます。アスペクト比おかしいけど。カード代50Krと最初のチャージ額100Krの150Kr。

図書館の登録

つぎなる目的は図書館の登録。ただこれは登録してから思ったんですが本借りる必要ない人にとっては登録する必要ゼロですね、笑

f:id:kerompa-tokyo:20170825214650j:image

まずはこっちの王立図書館へ行ってきました。外見からブラックダイヤモンドの愛称で親しまれています。ちなみに図書館としての機能はどちらかというと隣の古い建物が有しているっぽいです。無料ではいれます。

ここはあまり使わないだろうなーと思ったので、少し見学しただけで退散。よく使うことになるであろうCopenhagen Main Libraryの方へ行ってきました。市の中心部にあるのですが、こちらのほうが日本っぽい図書館です。

f:id:kerompa-tokyo:20170825214750j:image

ちなみにこれも後々知った話なのですが、Library Cardはコペンハーゲン市内の図書館どこでも使えるらしいので別にどこで登録しても良いらしい。。

整理券を発行してとりあえず図書館カードをつくってわかったこととしては、

①本を借りないなら別に作る必要はない

②Yellow Card(保険証)が来たらそっちに情報を統合できるので、統合する必要がある

③コピー機を使う上での会員情報の読み取りが若干早くなる

ということで③くらいしか恩恵を受けられないそうです。なんとも微妙ですね。

 

まあいつか借りることもあるかも、と信じておきます。。笑

 

そんな感じで午前は終了しました。そろそろカレー食い飽きたので(3日連続カレー)、まだまだ残ってるとは言えさすがに昼ごはんは違うものを作りました。