備忘録

旅行とか、それに関する情報とか、応援とか、留学とか、コペンハーゲンとか。学生中心として、遠征や旅行の手助けになれば幸いです。

リオ五輪におけるホテル事情

わりと周知の事実ですがリオ五輪行きます。無論サッカーを中心に観に行きます。
7/29出発の8/25帰国です。長い。
世界三大スポーツの祭典ということで、宿とかチケット諸々とか、早めに取ったほうがいいなということで最近はずっと調べてたり。
ちなみに、リオ五輪におけるサッカーのスケジュールはこんな感じ。意外とリオ開催が少ないんすね。個人的にはお金かかるけどマナウス推しです。Viva Amazon.
グループリーグの部分は、発表され次第ホテルを取っていけば良いんですが(リオ以外の都市は大して高騰してないので、それでも十分間に合います)、問題はトーナメント以降。どこの都市に飛ばされるかもわからないし、てかそもそもトーナメント進出できるかも定かではない、と。もちろん進出すると信じてますが。
で、我々が下した決断。どうなるかわからない部分はとりあえずリオに拠点構えて試合日だけ開催地に飛べばいいんじゃね?案
確かに値段はそこそこするだろうけど、他の競技見に行くこと考えるとリオが一番楽だろうし、何より楽しそうっていう。一生に一度だからね。使うところは使って楽しまないとです。
第3戦までは4月中にトーナメント発表されれば旅程が組めて、準々決勝もその場の判断で問題なさそう。準決勝から会場としてリオが登場するので、準々決勝終わった次の日(8/14)からリオに8泊することにしました。

で、リオ五輪のホテル事情がヤバイと聞いたので、必死に調べてる最中です。実際ヤバイです。

何がヤバイかって、普通の額で泊まれるホテルはまずない(これはまあ予想の範疇)
大手ホテル検索サイトで調べて出てくる比較的安価なやつは「リオデジャネイロ州」にあって、市内から100キロ離れてるホテルだったり(リオデジャネイロ州はかなり大きいです)、あるいはホステルとか、ファベーラの中みたいなとこに立地するヤバそうなとことか…

ドーハはCouchsurfingで済みましたが、今回は数人で行くのでそうはいきません。とはいえ使えるお金も限られているのでここにお金を取られるわけにもいきません…ああ…

最初は「Airbnbなら安いんじゃね?」と思って「4人1室、まるまる貸切」で調べたら、まあホテルよりは安いけどそれでも1室22000円とか。なんでや?って思ったらこんな記事が↓
リオ五輪において、ホテル不足はAirbnbで補っちゃおーというもの。通常時より値段が高騰してるのはイベント時だし仕方ないのかもしれないけど、それにしてもほぼすべての物件が値上げしてるのには少なからずこれが絡んでるよなあと。ちなみに、「リオの4人1室まるまる貸切」の平均は1室45000円/日くらいです。
「安い・口コミ良い・立地良い」みたいな場所はすぐ消えていってたり。1週間前にリスティングしたところは悉く予約不可になってました。

じゃあAirbnb以外で安価に済ませるならどうすればいいか、という事ですが多分ホステル(ドミトリー)以外ないのかな、というのが自分の中で出した結論。1泊4〜7000円で泊まれます。無論1人部屋ではないですが…
で、色々考えた結果我々はあえてドミトリーを利用しようと画策しています
その理由は
  1. 世界中のスポーツ好きが集まってるはず。絶対楽しい
  2. 安い
  3. いろんな人と知り合えそう
てな感じです。もちろんセキュリティとか安全面でのリスクはありますが。ちなみに全員ドミトリー未経験です(国内なら何度もあるけど)

結論として、安くそこそこ安全なところは
くらいしかなさそう。1,2人で行ったりとかするとAirbnbとかCouchsurfingとか、色々選択肢出てきそうですが。

宿選んだ基準としては、
  1. 治安がマシそうなところ…セントロ地区は敬遠しました。あとはストリートビューは最低限確認しました。
  2. 地下鉄の駅が近いところ…マラカナンは地下鉄行くだろうし、やっぱ地下鉄駅近いと何かと便利だよなと。そういう意味で結構ドミトリーがあるサンタテレサ地区は敬遠しました。
  3. 安いところ…みんな学生で、使える額も限られているので、1泊1人6〜7000円が限度だろうと。
  4. 口コミ…なんだかんだ口コミは正義。口コミ見ずに写真だけ見て「ここ良さそう!」って思って行ったら理想とかけ離れてるなんてザラだし。つうわけで評価高いところを選びました。
  5. 設備面…なんだかんだwifiは欲しいよねということでwifiありのところを探しました。あとはキッチン。カタールの時、日本から持って行ったうどんが活躍したのでこれはブラジルでも活用していきたい次第です。
そんなこんなでリオでの拠点はボタフォゴ地区になりそうです。かの有名なボタフォゴ、です。