備忘録

旅行とか、それに関する情報とか、応援とか、留学とか、コペンハーゲン留学とか。学生中心として、遠征や旅行の手助けになれば幸いです。

1年間デンマークに住んだ人間によるおすすめ観光地・都市

近頃では食べログやらAmazonやら、とにかくサクラのレビューが多かったりお金を払えばレビューが上がったりでどういった口コミを信頼すればいいのかがよくわからなくなってきています。

観光スポットとかも、某サイトとか某サイトとか某サイトとか、「おめえ自分の足で行ってねえだろ」みたいなPV稼ぎのサイトが上位に来ていて辟易します。

自分が観光地とかの情報を探すときは基本的に個人ブログとかを探すようにしているので、それのデンマーク版を自分で作ろうじゃないかと。

というわけで以下はデンマークに1年間住んでいた自分が自分の足で回ってみたおすすめの観光地とかデンマークの過ごし方を以下に記していこうと思います。

注:美術館系にはほとんど行く機会がなかったので、おすすめしていないわけではないです

長いので気になるところに目次から飛んでください

コペンハーゲンの観光地

チボリ公園

まずコペンハーゲンの一大観光地として外せないのがチボリ公園。世界最古の遊園地でウォルトディズニーも参考にしたとか。

夏季の営業が基本で、それに加えてハロウィーン営業、クリスマス営業をしていて、僕が留学していた年は史上初の冬季営業もしていました。ハロウィーンやクリスマスはそれに伴ったデコレーションがなされていてとても良いです。

めっちゃ大きいわけでもないので基本的には雰囲気を楽しむもの、といった感じでそう考えると若干入場料は割高に感じるかもしれませんが、実はアトラクションも意外とスリル満点。飛行機のアトラクションは日本じゃ考えられないくらいGがかかりますので是非乗ってほしいところ。

住んでるとあんま気にしないけど基本的には夏季+イベントに合わせて期間限定オープンというスタンスなので、やってるかどうかはあらかじめ調べてから行ったほうがよさそう。

f:id:kerompa-tokyo:20191010001214p:plain

クリスチャニア

ここもコペンハーゲン観光においては欠かせない観光地。

ヒッピーの聖地で自治区を名乗っており、クリスチャニアから出る際の門には「ここからさきはEUです」という書き込みがあり、域内は落書きも自由といった尖った区域。美しい街並みが特徴のコペンハーゲンとは対照的なカオスな雰囲気が漂っています。

とはいえ治安はとてもよく、「みんなで仲良くやろうや」って感じなので何かされるとかそういったことはないです。あとここではマリファナが公然と売っておりマリファナが公然と吸えます。笑っちゃうくらい堂々と、非常に様々な種類のマリファナを売っていますが、もちろんデンマークでは違法なので写真を撮ったりしたら怒られます。

f:id:kerompa-tokyo:20191010000949p:plain

f:id:kerompa-tokyo:20191010000920p:plain

ラウンドタワー

コペンハーゲンを一望するならここ!昔ながらの建物で登るのが大変ですが一望できるので行く価値あり。ちなみに一望できる場所はここのほかに、救世主教会などもあります。

f:id:kerompa-tokyo:20191010000830p:plain

写真中央の塔がラウンドタワーです。

キングスガーデン

デンマーク人はピクニックが大好きなので、晴れた日の公園には平日の昼でも多くの人がゴロゴロしています。コペンハーゲンのなかでも一番有名な公園といっても過言ではないのがキングスガーデン。隣にはローゼンボー城がありこちらは確か有料ですが公園は無料。住んでいた寮の隣だったのでしょっちゅう行っていました。近くにはカフェとかもたくさんあるので、晴れた日にはカフェでコーヒーとパンを買ってベンチに座ってゆっくりするのもデンマークの楽しみ方の一つかな、と。

f:id:kerompa-tokyo:20191009235515p:plain

アマリエンボー

ここもコペンハーゲン観光では絶対といっていいほど紹介される場所。宮殿なので女王が実際に住んでいます。12時の衛兵交代は必見ですが、逆に言うとそれ以外の時間はあんまり見どころがないかも。

f:id:kerompa-tokyo:20191010000559p:plain

ニューハウン

たぶんコペンハーゲンといえばここ、ってなる気がする。実際そこにあるカラフルな建物は綺麗なんで行ったほうがいいのは確か。夏の晴れた日なんかは、ニューハウンのVaffelbagerenというアイス屋さんでアイスを買ってここらへんをぶらぶらするなんてのも良い。冬は運河が凍ることもあります。

個人的にはここから出ている運河ツアーが、主要な観光地をお手頃な価格で回れて、かつコペンハーゲン豆知識を聞けるのでおススメです。

f:id:kerompa-tokyo:20191010000731p:plain

真冬のニューハウン

f:id:kerompa-tokyo:20191010000659p:plain
快晴時の運河は最高!

カステレット&リトルマーメイド

世界三大がっかりスポットで有名な人魚姫像ですが、逆にそういわれると行きたくなるのが人間の性(?)

まあ実際そんなに大きくもないし背景は工業団地だしであんまり映えることもないです。

この人魚姫像があるのがカステレットという要塞の中なわけですが、カステレット自体は散歩コースには最適です。あと形が完全に五稜郭。春には桜が咲き非常にきれいです。

f:id:kerompa-tokyo:20191010000400p:plain

がっかりスポットなので撮った写真が寒波の時に運河諸共凍ったときのものしかなかった…

f:id:kerompa-tokyo:20191010000507p:plain

春のカステレット

 

王立図書館(ブラックダイヤモンド)

近代的な作りが特徴的な図書館。外装だけでなく中も綺麗なのですが、ぶっちゃけ中は非常に開放的な空間、って印象が強くてどっちかというと建造物を見に行くって感じ。「図書館」を見たいなら市内のCity LibraryだったりOsterbro Libraryに行ったほうがいいかも。

f:id:kerompa-tokyo:20191010000143p:plain


外観

f:id:kerompa-tokyo:20191010000108p:plain

こっちはCity Library

スーパーキーレン

ノアブロ地区にあるデンマークっぽいユニークな公園。移民街にあることもあって、世界中から遊具を輸入してそれらを置いた公園です。日本からはタコの滑り台が。

ちなみにノアブロ地区はコペンハーゲのなかでもかなり異質な感じがするので一見の価値ありだと個人的には思っています。

f:id:kerompa-tokyo:20191010000041p:plain

f:id:kerompa-tokyo:20191010000219p:plain

ノアブロの街。あきらかにアラビア語表記の割合が増える。

コペンハーゲンに住んでるときは湖、とか池、とか呼んでて正式名称を知らなかったけど、どうやら本当の名前もThe Lakesらしい。The Lakesで調べれば出てきますが市街地から見て北西の湖の連なりのことです。

ここもコペンハーゲンの人々にとってHyggeな場所で、時間を問わずに多くの人がくつろいでいます。

f:id:kerompa-tokyo:20191009235936p:plain
不覚にも寒波で湖が凍ってるときの写真しか手元になかった…

ストロイエ

コペンハーゲンで一番有名なショッピング街ことストロイエ。お土産屋さんとかもここのあたりに多いですね。レゴショップとか一番大きなSostrene Grene(雑貨屋)とかがあります。ちなみにデンマーク国内クラブのサッカーのユニフォームやデンマーク代表関連のアパレルを買うならこの通りにあるUniSportというお店が断トツで品ぞろえがいいです。たぶんクリスチャニアのユニフォームを買えるのはここだけな気がする。

北欧っぽい雑貨を買うならIllums Bolighusが良いです。ILLUM本店とは別の建物なので注意。

f:id:kerompa-tokyo:20191009235741p:plain

コペンハーゲンのカフェ・ごはんどころ

カフェはぶっちゃけコペンハーゲン民の生命線なのでめちゃめちゃあるし、どこもレベルが高いのでGoogleで調べて評価が高いところに行けば基本外れはないと思います。以下自分が行ったことあるところ。ご飯屋さんはすみません、学生には高すぎるお店がほとんどなので、そんなに回れておりません。

Democratic Coffee

City Libraryと併設しているコーヒーショップでコペンハーゲンの中でも有名なほう。パンもおいしいし隣のCity Libraryにもいくつか机があるのでなかなか落ち着いた時間を過ごせます。

Lagkagehuset

ここはカフェというよりどちらかといえばパン屋さん。日本人の感覚からすればパンは高く感じますがデンマーク的にはまあこんなもんだろう、って感じの値段設定。複数コペンハーゲンにお店を構える有名店で、パンがおいしいので自分はたまにここでパンを買って近くの公園のベンチで食べてリフレッシュをしてました。

ちなみにLagkagehusetという名前は英語でLayer cake house、つまりショートケーキハウスになるわけですが、この由来はこの店の1号店の入っていた建物がショートケーキのような色合いだったからだそう(スポンジと生クリームの部分)

Busterd Cafe

ぶっちゃけ観光客でここに行く必要はあんまりないんじゃないかって気はしますが、コペンハーゲン随一のボードゲームカフェ。日本じゃ考えられないスケールで、本当に何から何までボードゲームがあります。すべてのボードゲームを利用するにはいくらか課金する必要があるものの、無料でも(つまりカフェとしての料金だけで)かなり楽しめます。というか無料のゲームは超有名&人気ボードゲームなので無料で全然遊べる。

非常に人気な場所なので、もし行く場合は予約するか(有料)、開店直後に行くのが良いです。

Studenterhuset

メニューには特段特徴もないですが、学生ですべてを回しているという運営面が特徴的なお店。学生証を見せると非常に安くコーヒーやケーキがいただけるので留学中は重宝していました。

Paludan Bog & Cafe

コペンハーゲンでおすすめのご飯屋さんを聞かれたら絶対にここを進めると思う。物価を考えるとかなり良心的な値段で、それなりにクオリティーの高いパスタとかデンマーク料理を食べられる。内装もブックカフェのような感じになっていて非常におしゃれなので、北欧っぽさも味わえるかなと。

The Olive

滞在中唯一いったちゃんとしたレストラン。値段はまあかなりしたけれど美味しかったです。ただコペンハーゲンで行ったちゃんとしたレストランがここしかないので、値段とか含めて比較対象がないから何とも言えず。

King of Kebab

デンマークで安く食事を済ませるならケバブ一択。唯一にして最強のファストフードです。その中でもNorrebrogade沿いにあるKing of Kebabは業界最安値のお店の一つで、ハッピーアワーにはなんと15クローナ(300円弱)で食べれます。圧倒的安さ!

大学食堂

デンマーク料理の代表格、スモーブローを格安で食べるなら?といわれればここ。コペンハーゲン大学の食堂に行けば比較的安価でスモーブローを食べれます。味はそこそこ。サウスキャンパスは建造物としても見ごたえもあったり世界一綺麗な学生寮と名高いTietgenとかもあるんで、学校見学ついでに寄るのもよいかと思います。

コペンハーゲンといえば自転車!自転車に乗ろう

コペンハーゲン観光するんだけどどう回るのがいい?ってよく聞かれますが、個人的にはコペンハーゲンという町は一見して「おおー!」ってなるような観光地が少ない分どこにいっても綺麗だし、行く先々に小さな見どころがあったりするので自転車を借りて回るのを推奨してます。また世界一の自転車王国にて自転車に乗る、という行為自体が観光だし、デンマーク人の生活の一端をのぞけるかな、とも。

自転車の借り方

kerompa-tokyo.hatenablog.com

ここで書いている通りDonkey Republicがおすすめです。コペンハーゲンの市が提供しているやつはいろんな機能付いてたりするけど割高。

自転車で行ける場所

コペンハーゲンは平たんな地形かつ、自転車のために整備された道路ゆえに片道15キロくらいであれば楽勝で漕げます。

Dragor

デンマークの中でも有数のきれいな村として紹介されるこの村は、アマー島の南端にあります。非常にきれいな村で、ひたすら海岸線を南下していけばつきます。ソフトクリームを買って食べながらくつろいだりしながらゆったり過ごすのがおすすめ。

ちなみにKystvejenという通りを通るルートで行くと途中で空港の間近を通りますが、そこでは着陸する飛行機を真下から見ることが出来ここはここでいいスポットです。

f:id:kerompa-tokyo:20191009235543p:plain

f:id:kerompa-tokyo:20191009235601p:plain

Sydhavn, Valbyparken

コペンハーゲンの南にある公園。Valbyparkenのほうは定期的に大きなイベントとかもやっていて、日本の代々木公園的なポジションです。並木道が綺麗。

Sydhavnにはなんでか知らないけどアルパカがいます。アマー島が対岸に見える方でごろごろしてるといくらでも時間をつぶせるのでのんびりしたい方にはぜひともお勧めしたいところ。

f:id:kerompa-tokyo:20191009235341p:plain

f:id:kerompa-tokyo:20191009235400p:plain

Sydhavnのここは本当にきれいでおすすめです。

Amager Fælled

コペンハーゲン大学の真隣にあるにも関わらず非常に存在感が薄い公園。広大な敷地でそこに入ったら自分がコペンハーゲンにいることを完全に忘れてしまうほど。野生のシカもいるので、運がいいと見れるそうです。

f:id:kerompa-tokyo:20191009235223p:plain

Utterslev Mose

ここの公園は湖とセットなので、とにかく鳥が多い。ここの近くの道路には平気でカモとかアヒルが横断してたりします。鳥好きな人にはお勧めしたいですね。

 

デンマークの観光地

デンマークに1年留学していた人間の中で一番デンマークを回ってる自信がある。けどその割にはオーデンセもロスキレもレゴランドも行ってないというなかなかに偏屈な人間です。

デンマーク国内の移動はバスか電車が良いです。電車の場合はオレンジチケットという格安チケットを前もってとるのが圧倒的にコスパがいいので積極的に活用していきましょう。

kerompa-tokyo.hatenablog.com

スカーイェン

時計のブランドで知ってる人も多いのではないでしょうか。ユトランド半島、というかデンマーク最北の村。ここの海沿いでは運がいいとアザラシが見れるらしい。あとはここにあるRabjerg Mileという砂砂漠がめちゃくちゃ綺麗です。

風が強く、なおかつあまり人が行かないので綺麗な波模様の砂漠が出来上がっているんですよね。個人的には日の入り直前に行くのが一番きれいかな、と。公共の交通機関だと行くの大変ですが、スカーイェンに行ってここに行かないのは超もったいないので是非行ってみてください。

f:id:kerompa-tokyo:20191009235117p:plain

リーベ

リーベはユトランド半島の、エスビアウからちょっと南に行った小さな村で、有数の美しい村としてよく紹介されています。デンマークには珍しい川が流れていて、そこにいる白鳥や、それを利用した水車などからものどかな雰囲気がうかがえるし、ちょっと村から離れればたくさんの牛や馬がのびのび歩いているという非常にのどかな街。

ワッデン海という世界遺産にもなっている干潟にはこの町から行くことになると思いますが、日帰りだとちょっと厳しめ。行くなら一日丸まるリーベにいる日を作ったほうがいいかなと思います。自分は日程の都合上いけませんでした。

f:id:kerompa-tokyo:20191009234850p:plain

ちょっと北のエスビアウには謎の巨人像があります。

f:id:kerompa-tokyo:20191009234958p:plain

エーア島

カラフルなまちなみが印象的な街。自分が行った日は雨どころか吹雪で観光とかしてられるかよってくらいの荒れた気候でしたが晴れたときであれば最高の観光地。スヴェンボーまで電車またはバスで行ってそこから船に乗るのが一番楽な行き方だけど、それでも朝でてつくのは昼過ぎって感じです。あとは島自体にはFaaborgとかの有名な村から船が出てたはず。こちらも本数少なめ。

f:id:kerompa-tokyo:20191009234103p:plain

ヘルシンゴー

ハムレットの舞台になったクロンボー城はここヘルシンゴーにあります。といっても実はクロンボー城には行ったことがないのです。何しに行ったんだよ感がすごいありますが、対岸にスウェーデンが見えて、スウェーデンまで2000円ほど、25分で船で行けます。この船がなかなか豪華なので、結構これで国境を超えるのは楽しいです。パスポートは当然必要なので忘れずに。

f:id:kerompa-tokyo:20191009233842p:plain



 

というわけで厳選した都市でした。このほかにも上の地図上の都市には全部訪れてはいますが無理やり都市を挙げて「行ったけどなんもねーじゃねーか」ってなるのは違う気がするので。行ったことないけどボーンホルムとかエーベルトフトとかもよさげだなーとは思います。デンマークもいろんな良さがあるので是非いろいろ見て楽しんでください!