備忘録

旅行とか、それに関する情報とか、応援とか、留学とか、コペンハーゲン留学とか。学生中心として、遠征や旅行の手助けになれば幸いです。

ロシアW杯遠征記

日本代表としてのロシアW杯はここロストフで幕を閉じたわけで、個人としてのW杯を振り返ってみたいと思います

原口、乾のゴールが決まった後の狂喜乱舞はサッカー観戦の醍醐味だなって思うし、あの瞬間は歴史が変わる瞬間が見れるかもしれないって本当に期待したし、ロスタイムに決まった瞬間の向こう側のゴール裏の狂喜乱舞も脳裏に焼き付いてます。

f:id:kerompa-tokyo:20180703110628j:image

感覚としては2016年ACL決勝トーナメント1回戦のアウェイ上海上港戦と近いなあって。

不思議かな、涙が出てくるとかは全くなくて、「ああ、負けてしまったんだ」ってスッと入ってくるんですね。悔しいような、悲しいような、虚無感のような、それでいて少しの前向きな感情も混ざっている不思議な感じ。

 

そんでもってこの感情は「四年後絶対に晴らそう」という感情に昇華しつつあります。W杯が人生狂わす、ってのが少し理解出来たかもしれない。「次のW杯順調に行ったら新卒1年目じゃんどうしよ」って考えてしまってるし…

f:id:kerompa-tokyo:20180703111115j:image

まあ試合のことはこの辺にして、ロシア旅行をぼちぼち振り返って行こうかと。

旅の行程

まずはこの旅の行程。今大会は都市間の鉄道移動が無料ということで積極的にこれを使って行った結果身体と精神が破滅寸前まで行きました。

実に3泊13日。

いやまじできつい。陸路移動総距離6100キロ。移動時間120時間。新幹線みたいなのならいいけど速さ中央特快くらいですからね。中央特快で東京からインドの首都デリーに行くようなもん。最後の方は「21時間余裕じゃん?」みたいな感じで感覚バグってた。

 

多分周りにはもっと鉄道猛者がいるのだろうなとは思うけれど。

まあただこれのおかげでだいぶお金は節約できたなと。車内だと必然的に使うお金は減るし、ご飯も質素なものになるし。

車内の感じはまちまちで、こんな感じの冷房なしシャワーなしの木製の内装やら、

f:id:kerompa-tokyo:20180703111818j:image

冷房ついてるこんな感じの車両まで。

f:id:kerompa-tokyo:20180703111953j:image

肌感覚的に今は前者の木製のは圧倒的にレアなのかなと

 

しかしまあ一生分くらいの寝台列車に乗った気がする。もうしばらく乗りたくない。これからロストフ→モスクワの21時間の旅が待っているわけですが…

 

ロシアの印象

街並みとかはすごい印象通りというか、東欧と中国混ぜて割った感じだなーって思いました。

f:id:kerompa-tokyo:20180703122416j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180703122456j:image

あとはデカい像がそこら中にあったり、鎌とハンマーがいたるところにあったりして、意外とソ連の雰囲気はまだまだ残ってるなあと。

f:id:kerompa-tokyo:20180703122638j:image

ヴォルゴグラードのトラム

f:id:kerompa-tokyo:20180703122718j:image

モスクワ・ヴェルニサージュ市場

 

一番びっくりしたのが人柄。第一印象は無愛想で英語も通じない、怒ってるような感じ。これは割と東欧でも同じような感じだったから想定内ではあった。で、その後感じたのは、みんなびっくりするくらい親切。向こうはロシア語しか喋れないし、こっちはスパシーバしか言えないくらいロシア語分からないんで正直言ってることの2割も読み取れてないんですが、みんなGoogle翻訳を使ったり、身振り手振りで色々教えてくれようとしたり。その心意気がすごく嬉しかったなーと思いました。

こんなことならもう少しお返しの品なにか持っていけばよかった、、

f:id:kerompa-tokyo:20180703123501j:image

郊外のアパートメントから中心までどう移動しようか迷ってたら「乗りなよ」って言って送ってくれた若者2人

 

 

あとなぜだかロシアにはコイン収集家がめちゃくちゃ多いです。なんで10円玉とか5円玉たくさん持ってくと喜ばれそう。

 

観光についてはまあびっくりするくらい何もしてないです、ええ、、

f:id:kerompa-tokyo:20180703123632j:image

赤の広場と、

f:id:kerompa-tokyo:20180703123722j:image

ヨーロッパアジア境界線と、

f:id:kerompa-tokyo:20180703123801j:image

ママエフくらい。本当にこれ以外ほとんどどこにも行ってない。

 

今回ロシアに滞在して、間違いなく「二度目のある国」だなって確信したんで、また機会があれば来たいなと。その時の都市間の移動は飛行機で…

 

そしてW杯、最高だった。普段東京を一緒に応援してる人や、リオ五輪に一緒に行った人などと応援する日本代表は最高だった。世界200国近くから選ばれた32カ国のうちの一つとしてピッチ上に日の丸が掲げられる瞬間も、国歌が流れる瞬間も、いろんな人から声かけられるのも全部最高だった。今回来れなかった人。騙されたと思って4年後カタールで集合しましょう。では!

 

 

 

 

 

ユトランド半島北部

こんばんは。まだロシアにいます。無茶苦茶な日程を組みまくってたら4日に一回しかホステル泊まらないとかいうことになってしまった。

時系列がぐちゃぐちゃしますがユトランド半島を回った後にオーフスから車借りて北端まで行って参りました。

行程

とりあえずSkagen(スケーエン)が最終目的地で、19日出発、22日にはロシアだったので21日に帰ってくる計算で逆算していきました。

レンタカーは大体3万円くらい。4人で借りたので、ガソリン代込みで一人頭10000円行かないくらい。

レンタカーは仕方なくマニュアルを借りました。2年ぶりでしたがまあデンマークならなんとかなるなって感じでしたね。ちなみにデンマークは反車社会なので、1日あたり100キロ以上走ると課税されることを覚えとく必要があります。今回は600キロ走って2日(48時間)借りたので400×1.6=640クローナ(1万円強)の課税でした

オーフス

オーフスはそんなに観光する時間がなかったので、とりあえずオーフス美術館へ。

デンマークにいる人なら誰もが知ってる?カラフルな展望台はとても楽しいです。

f:id:kerompa-tokyo:20180701060523j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180701060638j:image

中で写真を確認すると写りが違うように見えるんですよね。

その他のアートなども非常に面白いものが多かったです。ちゃんと見るには時間が必要かも。

オールボー

f:id:kerompa-tokyo:20180701060812j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180701060841j:image

あれ、意外と時間なくね?てことで本当に寄っただけ。てかユトランド半島ってここで分断されてるんですね。

 

フレデリクスハウン

ユトランド半島有数の港町ということでしたがここもなかなか時間がなく。

田舎町はかなり早くに店が閉まるため、ほとんど店はやってなかったです。

f:id:kerompa-tokyo:20180701061024j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180701061059j:image

メインストリートはよくあるデンマークの小さい町、って感じだったけどもそれでも可愛らしい街だった。もう少し賑わってる時に来たかったですね。

スケーエン

スケーエンといえば北端の砂浜と砂丘がフォーカスされますが、砂丘はスケーエンの町から車で15分ほど南に下ったとこにあり個人ではいきにくいからなのか、夏の日没時には人は本当に我々以外誰もいませんでした。そしてこの砂丘が絶景でしかなかった。

f:id:kerompa-tokyo:20180701061502j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180701061526j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180701061555j:image

サハラ砂漠も感動しましたが、こっちもこっちで。というかデンマークにこんな場所本当にあるんか!っていう感動ですね。

デンマークは風が強いので人がいないと砂丘に波模様が出来ることが多いようで、それがより一層綺麗に見えました。

ここの場所はRåbjerg Mileで調べると出て来ます。

 

Hirtshals

ユトランド半島北部の町で、水族館などが有名な場所。やることもないしって感じで寄ったこの街では、Fun-Parkとかいう謎めいた牧場に行ったのですが、これが大正解

f:id:kerompa-tokyo:20180701062030j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180701062108j:image

こんな感じで動物観れるし、なにより牧場主の方のホスピタリティが半端なくて、動物にあげる用のご飯を無料で提供してくれて餌やりを経験できたり、その日取れたウズラの卵茹でてくれたり、コーヒーくれたり、、、

この日は雨ということで無料でしたが、普段は75krかかるそう。とはいえ75krでもここまで来たら行く価値あるなって感じでした。素晴らしかった。

Thy Nat Park

ユトランド半島北西部の巨大な国立公園。全ては回れてないですが、海沿いの浜辺に遊びにいきました

f:id:kerompa-tokyo:20180701062531j:image

夜。

f:id:kerompa-tokyo:20180701062556j:image

朝。

f:id:kerompa-tokyo:20180701062627j:image

この日も風が強く、桟橋の端では時折ものすごいしぶきが。これ多分大人でも端まで行ったら飲まれるだろうなって感じだけどそんなところに子供を連れて行って写真撮るあたりがデンマークらしい。

 

ちなみにびちゃびちゃになりました。

 

宿

1日目はbooking.com、2日目はAirbnbで。感覚としては、車があるならAirbnbのがやすくていい場所に泊まれるな、と。アクセス気にする必要あんまないし。

 

と行った感じでした。

f:id:kerompa-tokyo:20180701063006j:image

水色のピンが訪問した都市な訳ですが、デンマーク、割と満遍なく回れたなあと。

回った感想としては、たしかに街はテナント含め似たり寄ったりなところが多いけれども、スケーエンの砂漠だったり、エーア島のカラフルな家々だったり、ユニークな場所は多いなと。多分ヨーロッパで一番綺麗な砂漠はスケーエンでしょって思うし。ってわけなんで、「デンマーク、大したことないでしょ」と見くびる前にとりあえず回ってみてはいかが?と思う次第でございます。

いろんな素晴らしい景色がデンマークには広がってますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

W杯とアイデンティティ

セネガル戦前夜は、実のところ自分でもびっくりするくらいソワソワしてなかった。

楽しみじゃないのかと言えばそうでもないし、かといって試合のことばっかり考えて寝れないのかというとそういうわけでもなく…

 

自分でも理由はわからないけど、前夜のテンションは単なる海外遠征の一つ、といった感じであった。

ACLは毎試合ソワソワしてたし、リオ五輪は脳内でめちゃくちゃシミュレーションしていた気がするけど今回はそうでもなく。

 

試合当日になってもいたって平常心で、セネガル人を見かけると心が少し踊るものの、いろんな国の人がいるのは五輪で経験済みだったから予想はできていた。

 

そうこう言いつつもスタジアムに着き、素晴らしい席に座り、しばらくぶりのサポーター仲間の方々と会うと徐々にスイッチが入ってきて、日本代表の選手のアップでの日本コールで完全にスイッチオン。海外での試合だと「俺たちがついてるぞ」って気持ちがより強くなるな、と思うしその実感が海外アウェイへの誘いとなってるきがする。

試合開始が近づくにつれて次第に緊張感が。そして会場のボルテージが上がり、ピッチ上に巨大な日本の国旗のフラッグが広がった瞬間思わず泣きそうになった。

f:id:kerompa-tokyo:20180625061146j:image

やっぱり日本の国旗、国歌、というか日本は好きだ。それは自分が日本で生まれ、日本で育ったからに他ならないと思う。

そして世界最大のスポーツの祭典で、その国旗が堂々と広げられていることは誇らしいことだし、大げさかもしれないけれど日本代表の一部としてその空間にいれることは本当に幸せだな、と。この感覚はワールドカップでないと味わえないなと思ったし、来て良かったと思えた瞬間だった。

 

試合は、というとご存知の通り。もうほんとただただみんなすごいよ。川島のミスは勿体なかったけど、現地にいる身としては責められない。リオの時の櫛引と藤春、上海の時の城福さんと同じ感じかな。

そしてゴールが決まった瞬間の狂喜乱舞。知り合いだろうがなんだろうが関係なく揉みくちゃに。

 

この大会とは別に、留学に来て感じたことの一つとして、自分は思った以上に日本人であり、アジア人であり、それは多分この先一生変わらないなってことがあって。そのことを強く感じるワールドカップがこの留学の最後にあるのは良かったなって思います。とりあえずつぎのポーランド戦。ここまで頑張ってきて苦い思いは誰もしたくないはず。現地にいる日本人の一人として、精一杯戦ってきます。

決戦前夜 - エカテリンブルク

ユトランド半島の旅を無事終えたと思えばそのままロシア入りしております。37カ国目。

22日の16時にモスクワ入り、23:50→4:00の便でエカテリンブルクへ来ておりろくに寝れてないので現在とても眠いでございます。

 

ロシア3番目に大きい都市エカテリンブルクは決戦前夜と言えども日本人、セネガル人はさほどおらず、昨日試合があったペルー人がとても多いです。

とはいえツイッターなどを見るに徐々に日本から、モスクワからエカテリンブルクに向かっているようなので、明日はかなり日本人の姿を見ることができるのかなー?と。

 

そんなエカテリンブルクを少し観光してきました。

エカテリンブルク空港から市内までは、fan festを経由する無料バスで30分ほど。

 

f:id:kerompa-tokyo:20180623205719j:image

こんな感じのところに降ろされて観光スタート

f:id:kerompa-tokyo:20180623205835j:image

まずは血の上の教会。エカテリンブルクの中でも指折りの観光地。新しい教会なので歴史的な背景知ってないとただの教会。

f:id:kerompa-tokyo:20180623231000j:image

その向かいにあるのが青い教会。これも有名観光地。

f:id:kerompa-tokyo:20180623231403j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180623231422j:image

することもないのでそのまま北上して中央駅へ。しかし本当にのんびりした街だなーと思います。何もないけど。

便宜上アジア側とはいえ街並みは欧風。しかし時折無機質なビルを見ると旧共産圏にいることを実感するなど。

f:id:kerompa-tokyo:20180623231627j:image

とりあえず見た目がいかつい中央駅。中国にしてもそうだけど、中央駅いかついがちだなあと。

やることもないので、地下深くに眠る地下鉄に乗って市中心部に戻ることに。

f:id:kerompa-tokyo:20180623231806j:image

エカテリンブルクの地下鉄駅は駅によってレイアウトが様々。車内は木目調で阪急電車のようでした。

 

f:id:kerompa-tokyo:20180623232000j:image

エカテリンブルクのメインストリート。人もいてここは賑わってたなぁー。

ここの通りのMTS BANKが両替レートが良くて、手数料2%切りだった。

 

もうヘトヘトだったんで、モスクワから行動を共にしてた友達と一旦解散してホステルへ。

今回泊まったのはホステル・ニコルスキというところで、かなり新しい、綺麗なホステル。

f:id:kerompa-tokyo:20180623232102j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180623232143j:image

綺麗なコモンルームって大抵写真詐欺だけどここはこんな感じで写真通り。

今回のワールドカップ、周りは自動キャンセル祭りだったもののホステルはその影響もなく、なんと朝食付き500ルーブルでした。安い。

 

現在19時なのでスーパーに行って消臭スプレーと夜ご飯を買ってこようと思います。では!

 

 

 

 

 

 

ユトランド中部 - 国内旅行に出る理由

2日目はRingkøbing(リンクビング)とか、Silkeborg(シルケボー)とか。

朝は豪雨でどうなることかと思いましたが、着く頃には晴れてくれたおかげで満足に観光できました。

 

リンクビングに行ったのは、知り合いの日本人がいたため。一年前ビザの申請の時に知り合った高校生の子で、半年前にもHerningで会っていて半年ぶりの再会。

日本人が誰1人いないような場所で逞しく暮らし、デンマーク語もペラペラになっててただただ尊敬。ただ話によると大都市に住んでる高校生の留学生はその限りでもないらしく、やっぱり語学を伸ばすなら田舎とかのがいいのかな、って思ったり。

 

しかしここリンクビング、めちゃめちゃ田舎で牧歌的な雰囲気ですぐに気にいりました。

なによりもデンマークには珍しく、レンガむき出しの家の割合がかなり多い。

f:id:kerompa-tokyo:20180619001239j:image

デンマークっていうとレンガの上から塗装した単色の家が多いのだけれど、ここはこんな感じなので新鮮でした。

f:id:kerompa-tokyo:20180619001334j:image

公共施設。全面窓でその先には干潟。デンマーク的だなあと思います。

f:id:kerompa-tokyo:20180619001428j:image

海のように見えるけど巨大なラグーンのようになってます。リンクビングの向かい側のHvide Sandeというところが綺麗らしいものの安定の公共交通機関の接続の悪さで断念。

 

何か見るべきものとかは特にないし日曜だから人もいないんだけど、それでも十分楽しめたなーと。

リンクビングから向かうはシルケボー。理由は特にないけど「都市の名前聞いたことあったし、てことは何かあるんじゃね?」という推測に基づいて笑

リンクビングからシルケボーまでは電車もありますがXバスというやつの方が安いですね。

f:id:kerompa-tokyo:20180619002114j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180619002134j:image

シルケボーの街並み。いかにもデンマークの中都市、と言った感じでスヴェンボーとか、ヘアニングと同じような印象を受けました。日曜だから本当に人がいない。

 

f:id:kerompa-tokyo:20180619002257j:image

湖畔の街ということで街から少し離れるとこんな感じ。水のある街は好きです。

 

で、今回泊まるところ、8人部屋って書いてあったし、デンマーク的にはかなり安い4000円とかだったのでホステル的なやつかな、と思いきや

f:id:kerompa-tokyo:20180619002510j:image

8人部屋を一部屋予約していたらしい笑

 

f:id:kerompa-tokyo:20180619002616j:image

周りは思ったよりガチなキャンプサイトで、キッチントイレ風呂共用も思ったのと違って面白かったです笑

 

着いたらルーティンのようにワールドカップを見て、なんとかキッチンで夜ご飯を作り、気づいたら10時。晴れてるし日の入り見たいな、と思ったので湖畔に出て見るとかなり幻想的でした。

f:id:kerompa-tokyo:20180619002812j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180619002829j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180619002919j:image

 

そして一泊してチェックアウトして、今日は天気も悪くシルケボーで特にやることもなかったんで現在はオーフスにいます。

大都市はコペンハーゲンで慣れてるし、デンマークのショッピング街ってどこも同じような店だから似たような印象を受けるものの、ケバブ屋のピタをロールしたやつがDrumじゃなくてRullerとして売ってたり(オーフスはどこもそうだった)、コペンハーゲンではめちゃめちゃよく見るEspresso Houseが全くなくてその代わりにbaresso coffeeなるお店があったり、色々気付くこともあります。

f:id:kerompa-tokyo:20180619004738j:image

今回もここまでの行程は一人。一人旅は一人旅の良さがあって個人的には好きですが、正直北欧旅行は単独だと費用がかさむので一人で行きたくない。けれどデンマーク国内だと留学生の足が重くなるのもまた事実。

まあお金かかるし、それに対して観光地も少ないし。同じかむしろ安くで国外に行けちゃうし。多分一人で旅行ならイギリスとかドイツのがトータルでも安いw

 

では何でデンマークを旅行するのか?と言うと、一年デンマークに留学したのに、デンマークのこと全然知らないのは何だかなあって思いまして。

正直他国の有名都市の方が何倍も観光地として魅力的。言語に関してもそう。デンマーク語とか正直全然いらないし、大学の合間に行く語学学校程度だと1年間で習うことは僅か。

それでもどちらともデンマークに1年間いるからこそ出来ること、やろうと思えることだな、と思ってて、日本にいてわざわざデンマーク語を勉強しようとは少なくとも自分は思わないし、観光に関しても旅行をしててデンマークの片田舎に行こうとは思わないなと。

ミラノもベルリンもロンドンも観光してないですが、まあ将来行くでしょう。

 

日本にいる時も「日本人として日本のことはある程度知っておかないとな」って思ってたし、エチオピアンダンスに関わってた時もエチオピアについて少しは勉強したし、思えば昔から自分の関わることについてはそれなりに知っておかないと、って意識が強いのかなって今回旅行して思いました。

そんなこんなで明日からは友達と合流して車借りてユトランド半島をさらに北上します!晴れるといいけど…

リーベ - ユトランド西部

デンマーク→ロシア - 備忘録

 

ということでとりあえずユトランド半島に来ております。

1日目はユトランド西部最大の街、Esbjerg(エスビアウ)を経由してRibe(リーベ)へ。

RibeはVisitDenmarkの「最も可愛らしい町10選」紹介されてる小さな町。コペンハーゲンから行くにはEsbjergを経由してそこからARRIVAというトラムのような電車で30分ほど。

f:id:kerompa-tokyo:20180617173715j:image

ドイツのDB管轄らしい。

今回はEsbjergまでをDSBオレンジチケットで109krで購入し、そこからリーベまではRejsekortを使っていきました。

デンマークの電車の切符を安く買う方法 - 備忘録

リーベまででオレンジチケットを買った方が安かったものの、ご飯食べる時間の確保だったり、Esbjergの不気味な4人の巨人の像を見たかったこともあって別々購入。

 

まずはKoldingというユトランド半島の玄関口のような都市で乗り換え。

f:id:kerompa-tokyo:20180617173202j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180617173251j:image

Koldinghusetという屋敷が目玉らしい、ということで30分あるので物見遊山に。とりあえず天気が悪い。雨に降られるのが久しぶりすぎて傘をささないのに抵抗があるものの、どうしようもないので濡れながら歩くと湖と屋敷が。これ晴れてたらもっとよかったんだろうな。

 

続いてEsbjerg。雨はますます強くなっているけど時間もめっちゃあるのでとりあえず巨人へ。公共の交通機関だとバスのみ。バスも30分に1本とか。

f:id:kerompa-tokyo:20180617173523j:image

異様である。モアイ像的な。

 

Esbjergはこれしかしてない。そしてここがデンマーク5番目、ユトランド西部最大の都市というあたりデンマークという国の小国っぷりが伺えるなあと。悪いことではないんだけど。

 

そして電車に揺られてリーベへ。

本来の目的はワッデン海という世界遺産だったものの、天候的にも交通機関の少なさ的にもこりゃ無理だわってなったのでとりあえず街の観光を楽しむことに。

f:id:kerompa-tokyo:20180617173937j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180617174002j:image

街の中心に教会がある感じがヨーロッパぽくて◎

Ærøskøbingみたいな感じで、街の感じもコペンハーゲンとは少し違って良い。

f:id:kerompa-tokyo:20180617174129j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180617174155j:image

そして川が町の周りを流れていて、こんな水車があったり、港というわけでもないけど船が停泊していたり。

f:id:kerompa-tokyo:20180617174313j:image

街を一通り歩いた後はデンマーク対ペルーを見るべくスポーツバーへ。田舎なので大盛り上がり、とは行かないまでもそれなりに盛り上がってました。やっぱり応援してるチームの試合は人と見る方が楽しいすね。

見終わったら外は晴れてきていたので、ちょっと町の外を観光することに。

f:id:kerompa-tokyo:20180617174528j:image

f:id:kerompa-tokyo:20180617174548j:image

めちゃめちゃ牧歌的でとても好みの場所がたくさん。

f:id:kerompa-tokyo:20180617174635j:image

こういう構図、好きなのでついつい撮ってしまう。

f:id:kerompa-tokyo:20180617174713j:image

 

リーベ、本当に綺麗な場所でございました。ワッデン海を楽しむには朝からリーベにいる必要があるので、2泊くらいするのがちょうどいいかな?と思いました。ここはコペンハーゲンから距離あるけど行く価値ある場所だと思う。

 

https://www.instagram.com/p/BkHPnVKlbR5/

#ribe #visitribe #visitdenmark #travelphotography

 

インスタグラムの一般公開用のアカウント作りました。よかったらフォローしてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デンマーク→ロシア

日本代表のゴタゴタで日本での関心も薄れつつあったワールドカップ。始まって見ればついついテレビをつけて熱狂してしまうわけで、やっぱり4年に一度の祭典だなと。

まあでも試合を見るたびに思うのは、選手であったりサポーターが本気で喜んでいるのを見てつくづく日本が出場出来ていてよかったなと。もちろんレベルの高いサッカーを見るのは楽しいけれど、チーム状態がどうであれ自チームがこういう場に立てることほど幸せなことはないよなーと。

 

コロンビア戦は試験前だし厳しいかなって思って行かない決断をしたんだけど、授業がない今思いっきり行けたやんっていう笑

まあ6ヶ月前の予定だと行けない予定だったから仕方ないか。

 

ということでロシアには来週22日から、それまではデンマーク国内を回ってきます。

具体的には世界遺産ワッデン海、巨大な砂州があるRingkobing、シルケボー、オーフス、スカーイェンなどなど、、

フュン島は2月に行ったので今回はユトランド半島を回ってこようと思います。

4〜5月のあり得ないくらいの晴天率が陰りを見せてきて、ここ最近はいつものデンマークにもどったので雨予報ですが、なんとか晴れてくれーー。

 

しかし何もないと言われるデンマークをこれだけ回ってるのは日本人留学生の中でも俺だけなのではなかろうか、、笑